バイアグラ報道の過熱|バイアグラ購入ガイド

バイアグラ報道の過熱

バイアグラ報道の過熱

バイアグラの登場以降、ファイザー社とは異なる利害を有する様々な集団が出現しました。一つの製品をそれに関連するバイアグラ販売運動、バイアグラの噂話、などこれほどまでに多くの人々を巻き込んだ事例は今までにないのではないでしょうか?

 

バイアグラがなぜこれほどまでに多くの人々の興味をかきたてたのでしょう?さらになぜこれほどまでにロングセラーになっているのか?

 

アメリカでバイアグラは人々の日常生活に十分に溶け込んでいるのです。たとえば「バイアグラマーケット」と言いう言葉には、その商品が極めて高収益で、高成長の商品だという意味を持つし、アルツハイマーの治療薬に「脳のバイアグラ」と言うキャッチフレーズがつくほどなのです。

 

バイアグラはあなたにとってどのような存在なのでしょうか?と言う質問を17歳の若者から89歳の老人までの男女から、バイアグラのついての意見を収集した結果、この当時にはバイアグラ登場時のような、誇大広告や一般人の熱も冷めきっていたころだった、しかし、バイアグラの売り上げ的には不変の維持を継続しているロングセラー商品の名称を確立しているときでした。

 

しかし、反対に、バイアグラに起因する死亡事件も報じられ始めて、バイアグラは医学的に安全が確認されているという報道と、悪い条件が重なると命に危険が及ぶ薬だという報道が真っ向から対立していました。

 

さらにバイアグラは男性専用の薬なのに、女性の服用者がいることも報道されバイアグラモラルは著しく悪化していったのです。